建設予定マンションの眺望をドローンで撮影

建設中マンションの眺望撮影をさせていただきました。

写真は屋上階(予定)からの眺望です。
まだマンションが建設されていない状態でも、各階の眺望を確認できるのはドローン撮影のメリットです。

撮影時の安全対策として、以下を実施しました。

撮影時の安全対策

  • 所轄警察署との情報共有
  • 飛行エリアが円錐表面のため「国土交通省東京航空局」への問い合わせ
  • 立入管理措置
  • DJI Flyアプリで飛行距離と飛行高度の制限

以下の特定飛行となりますが、これらは全国包括申請でカバーできます。

  • 人口集中地区
  • 第3者や第3者の物件から30m未満の飛行

今回は依頼者さんの所有地上空しか飛ばさないため、一般道路上空は飛行しません。
そのため、管轄の警察署への許可は必要ありません。
あくまで通行人などから通報された場合の対策として、情報共有をさせていただきました。

補助者としてご協力いただいた現場責任者さま、本当にありがとうございました。

DJI Flyアプリでの「距離制限・高度制限」の方法は、以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DJI機から始まりFPVドローンへ・・
インドア派でしたがドローンの影響で急激なアウトドア化が止まらないアラフォー。
趣味はDIY・カレー作り・キャンプ・ゲーム
ぜひ一緒にドローンの世界(沼)へw

目次