ドローン(DJI MINI2)を他人へ売却する方法、売る前の確認と注意事項も説明!

こんにちは!じぇりどと申します。
今回は不要になってしまったドローンの売り方をご紹介します。

ぼくは、練習用として「DJI MINI2」を購入しましたが・・

・結局飛ばすのはAIR2Sばかり
・1年半で飛ばしたのは10時間くらい

と、かわいそうな状況になっていました。
「このままタンスの肥やしにしておくのは勿体ない!」と、売る決心をしました。

この記事では、ドローンを第3者へ売却するための方法と注意事項を説明しています。

知り合いに譲渡する場合とは方法が違います。ご注意ください。

メ○カリなどに出品する方法だにゃ

ぜひ参考にしてみてください。

実際に「DJI MINI2」を出品したときの情報を元に、本記事を書いています。

この記事を書いた人

  • IT企業数社でインフラ周りの業務に就く
  • 副業としてドローンによる事業をはじめ、現在はフリーランス
  • ドローンスクールや企業に属さない中立的な立場で発信
  • FPVドローン沼にハマり中
  • キャンプ・DIY・カレー作りが好き
目次

ドローンを売る前に確認すること

飛ばさなくなったからといって、状態確認を行わず売るのはダメです。
必ず現状の確認を行いましょう

機体外観

全方位に汚れや傷がないか確認します。

前方(上から)

後方(上から)

前方(下から)

後方(下から)

バッテリー状態

外観とDJI Flyアプリからセルステータスを確認します。

傷や汚れはもちろんのこと、膨らみがないか確認します。

DJI Flyアプリからセルの電圧差も確認します。
0.01V程度なら問題ないと思います。

購入してからの年数と飛行時間

DJI Flyアプリから確認します。

国税庁によると、空撮用ドローンは「カメラ」と分類されるため、耐用年数は5年となります。
少ないと思いますが、購入してから5年以上経過する方は注意が必要です。

本件ドローンは、減価償却資産の耐用年数等に関する省令の別表第一の「器具及び備品」の「4 光学機器及び写真製作機器」に掲げる「カメラ」に該当し、その耐用年数は5年となります。

国税庁HPより

あまりに飛行時間が多いと、売る側としても不安です。

必ず買い手に飛行時間と距離はお伝えしましょう。

テスト飛行

室内でOKですので、ホバリングさせ以下の確認をします。

  • 異音がないか
  • 煙など出ていないか
  • カメラからの映像は正常か
  • 録画できるか
  • 前後左右、上昇・下降するか

ドローンを売るときにやること

売り手側でできることは2つです。

DIPSから機体情報の抹消

所要時間は5分ほどです。

STEP
「無人航空機登録申請メインメニュー」

DIPSのメニューを開きます。

STEP
登録機体の削除

少しスクロールして、「登録機体の削除」をクリックします。

STEP
登録の削除

登録を削除する機体にチェックし、「登録の削除」をクリックします。

STEP
削除(抹消)理由の入力

選択した機体で間違いなければ、「削除(抹消)理由の入力」をクリックします。

STEP
削除(抹消)理由の入力

「抹消理由」のプルダウン(▼)をクリックし、理由を選びます。
今回は売却なので、図の項目をクリックです。

STEP
削除(抹消)理由の確認

問題なければ「確認」をクリックし次へ進みます。

STEP
削除(抹消)の申請

「削除(抹消)の申請」をクリックします。

STEP
ポップアップ画面の確認

下記2つのポップアップが表示されます。
確認したら「OK」をクリックして次へ進みます。

STEP
最終確認

登録済みのメールアドレスに下記メールが届きます。
問題なければリンクをクリックし完了です。

DJI Flyアプリから機器連携の削除

最後に、アカウントから機器情報の紐付けを削除します。

STEP
DJI Flyアプリを開く

はい、開きます。

STEP
機器管理

機器管理メニューを開きます。

STEP
アカウントから削除

「機器をアカウントから削除」を選択し完了です。

出品時のポイント

今回確認した結果は、すべてお伝えした方が良いです。
すべて伝えて、納得していただいた上で購入していただきましょう。

  • 機体の外観
  • バッテリーの状態
  • 購入してからの年数と飛行時間
  • テスト飛行結果

念のため、「DIPSへの機体登録・申請が必須です」と付け加えることをおススメします。
何も知らない方の場合、航空法違反となってしまいますので・・

バッテリーについては、3.75V前後(60%前後)での保管が良いとされています。
インテリジェントフライトバッテリーなら、一度満充電にし3日ほど放置すると適切な電圧まで下がります。
この状態で出荷するのが良いでしょう。

まとめ

今回は使わなくなったドローンを第3者へ売るために、

状態の確認方法・機体削除の手続き

についてご説明しました。

売る前に確認を行い、少しでもおかしいな?と感じたら売るのは諦めましょう。

きちんと買い手に、機器の状態を説明することも大切です。
大切なドローン、次の方にも大事に使って欲しいですね。

今回も最後まで見てくれてありがとうございました。

またにゃ〜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DJI機から始まりFPVドローンへ・・
インドア派でしたがドローンの影響で急激なアウトドア化が止まらないアラフォー。
趣味はDIY・カレー作り・キャンプ・ゲーム
ぜひ一緒にドローンの世界(沼)へw

目次