FPVドローンの始め方!アマ4の免許をとってマイクロドローンを飛ばそう!

FPVドローンを飛ばしたいにゃ〜

こんにちは、じぇりどと申します。
今回は、FPVドローンを飛ばすための必須資格、「第四級アマチュア無線技士」の資格取得についてです。

業務用の資格「第三級陸上特殊無線技士」の取得については、こちらの記事で紹介しています。
取得を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事で解決できること

  • 第四級アマチュア無線技士の取得方法がわかる
  • 自分にあった資格のとり方がわかる
  • 取得方法のメリット・デメリットがわかる

この記事を書いた人

  • FPVドローンをはじめたが、Web上の情報量の少なさにびっくり
  • 同じような方の指針になればと思い記事を書き始める
  • 15年弱、IT企業数社でインフラ周りの業務に就く
  • 副業としてDJI系ドローンによる事業をはじめ、現在はフリーランス
  • 全国包括申請取得済み(DID、夜間、目視外)
  • 民間のドローン資格2種保有(UAS Level2、DJI スペシャリスト)
  • 三陸特、四アマ、業務用無線局開局済み

それでは、よろしくお願いします〜!

目次

第四級アマチュア無線技士について

FPVドローンを飛ばす場合、「一番最初にやること=この資格をとること」です。

FPVドローンはDJI系のドローンと異なり、使う周波数帯が異なります。
具体的には、DJI系は2.4GHz帯を使うのに対し、FPVドローンは5.8GHz帯を使います。

5.8GHz帯を使用する場合、この資格が必要となります。

詳しく知りたい方は、こちらの記事で説明してます。

参考にしてくれてもいいんだにゃ

「第四級アマチュア無線技士」は、あくまで趣味の範囲でFPVドローンを飛ばす場合に有効です。

資格取得の種類と料金

資格取得の方法には3種類あります。

独学、講習会参加、e-Learningです。

スクロールできます
概要メリットデメリット価格
独学テキストを買って独学安い・学習完了まで1ヶ月ほど
・無線工学キツい…
書籍代+受験費用約6,000円
e-Learning
Webで講座を受講し修了試験を受ける
自分のタイミングで進めることができる独学と比較すると高価21,500円
講習会参加
2日間の講習会に参加して修了試験を受ける
短期間で取得可能・独学と比較すると高価
・2日間拘束される
21,500円

僕は結局、独学詰む→「キューシーキュー企画さんのe-Learning」で資格を取りました。

それぞれ詳しくみていきましょう〜!

独学

僕が最初に試したのは、こちらの参考書を使った独学です。

解説がついてるため、初心者にも優しかったです。
無線工学にアレルギーがない方はこちらがオススメです。

僕も法規の方は楽しく学ぶことができました。

そこそこボリュームがあるため(当社比)、1ヶ月ほど勉強期間を設けた方がよいと思います。

理系ダメダメ筆者は無線工学で絶望・・

そんな人はe-Learning講習会をオススメにゃ

e-Learning(QCQ様)

e-Learningの場合、無線工学につきまとう計算問題はありません
文系の筆者、歓喜!!!

内容は、チャプターごとの動画をみて確認問題をとく。
これを繰り返します。

動画量はおよそ10時間です。(法規6時間、無線工学4時間)

途中で早送りしたり飛ばすと、次のチャプターに進むことができなくなっています。
シッカリ動画をみて学びましょう。

本番試験は確認問題がマルッと出題されました。

気合いを入れれば2日で勉強は終わると思います。

勉強期間的にもオススメだにゃ

講習会

僕は参加したことがないので、崇拝しているカタオカさんの記事を掲載させていただきます。

e-Learningと同じ価格で、2日間で取れるのはメリットですね〜。

まとめ

今回は、FPVドローンを飛ばす最初の一手、「第四級アマチュア無線技士」の資格取得についてでした。

資格取得の方法には3種あり、僕のオススメはe-Learningです。

費用は21,500円かかりますが、2日勉強すれば合格できるからです。

今回も最後までみてくれてありがとにゃ

無事合格した方は、免許証が手元に届くまでに、アマチュア無線局の開局の準備をしましょう!
少々複雑ですがこちらの記事で徹底解説してます。

ぜひ参考にしてみてください〜。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DJI機から始まりFPVドローンへ・・
インドア派でしたがドローンの影響で急激なアウトドア化が止まらないアラフォー。
趣味はDIY・カレー作り・キャンプ・ゲーム
ぜひ一緒にドローンの世界(沼)へw

目次